女性ホルモンについて

ホットフラッシュやイライラの原因は!直す秘訣はプエラリア!?

ホットフラッシュ対策は、特に何かをしたという事はないのです。

一つはホットフラッシュ、一つは何かにつけてイライラする事です。

真冬でもこの二つはいつも持っていました。

ただ、扇子とハンカチ、不可欠必要なものといった程度です。

夫に向かって何かをいって、無視をされるよりも、いつも爽快な気分になります。

わりと早くに更年期障害の症状が出てきました。

そのような更年期障害でしたが、私のケースにはわりと軽く、更に、期間も短かったから、この程度の取り扱ってでよかったのかもしれません。

最高は、夫に反対に、です。

で、如何にやってこのストレスを決着すればよいか、思案していた時、テレビをみていて、あっ、この手段いいな、と思った事がありました。

更年期障害にそれに対し行っていた事ではなく、ストレス緩和のために行っていた事なのですが、便所に入り、洗面所のなかで、便器に向かって、大声でストレスに思っていた事を吐き出すのです。

電車に乗った事例とか、真冬でも一人でばかみたいに扇子であおぐという事はしていましたが、人の目を気にしなれば、なんともないです。

でも、この夫が曲者で、まったく相手をしないわけですし、私の言う事を無視するわけです。

問題はいらいらの方です。

ホットフラッシュを何度か経験していくうちに、徐々に、現時点でから来るな、という事はわかるようになってきました。

何かにつけて、ほんとにくだらない事でも、イライラスイッチが入っていると、頭に来ます。

うちはマンションですから、あまり大きな声を出すのは、という抵抗感がありましたけど、手洗いのドアを閉めて便器にそれに対し、大きな声で叫ぶと、案外すっきりしました。

仲間は更年期症状改善のために、婦人科を受診して、ホルモン剤をいただいたら随分楽になった、といっていましたが、どうも、年齢を重ねておこる自然の事である、という腹積もりと、そうはいっても、症状的にはこの二つだから、なんとか乗り切ろうと思ったので、薬を使用するとか、サプリメントを使用するとか、そうした事はしませんでした。

-女性ホルモンについて

関連記事

no image

プエラリアでくびれボディをゲット!

何故ならぼってりした脂肪分は減らしてスリムが小粋であり、真夏頃合の体脂肪は好ましくないなというのが感性です。 一般的に言うところのハードなダイエットとは異なるのでいつも人生はまずまず、それに多めに増加 …

no image

更年期とに付き合い方!旦那とサプリが心の支え!

少々心境が低いなと思ったらゆったり・暮らし様式、一日一日をすごしながら症状緩和を感じるでしょう。 。 祝日に清掃とか洗濯を済ませて時があれば周辺の散歩でもよし、室内を隅々まですっきり清掃とか買い付けで …

no image

美ボディゲットの秘訣は栄養素

夜は、なるべくここでも体を温めるようにして、おみそ汁を初めに飲むようにしています。 その上、お昼に充分に食べる事で、夜にドカっと食べ過ぎてしまう事を防ぐ事ができます。 調子がかなり良いです。 「ボディ …

no image

生活習慣の乱れがホルモンバランスの乱れ!気をつけたい悪習慣ベスト5!

47歳の頃から50代、女性ホルモンが変化する時期はゆっくり、のんびりすごすのがよい方法だと考えています。それ以外でも身体の調子が低下気味の時は養生というもの、主婦でも仕事を持っている人が多い現代ですが …

no image

インナーマッスルを鍛えて愛されボディに

胸はそもそも脂肪の固まりではありますが、その下には大胸筋、小胸筋という筋肉がついています。 そのような時、筋力トレーニングをしていく事は、姿勢を正しく維持するための筋力を高騰し、姿勢がよくなり、おのず …